So-net無料ブログ作成
検索選択
バスト ブログトップ

バストが大きくなるかどうかはその人の気持ちの持ち方で決まる [バスト]

バストが小さいと悩んでおられる人は中学から高校時代までのご自身のものの考え方を振り返ってみるといいかもしれない。バスト成長のためのホルモン分泌がもっとも盛んといわれるこの時期に物事をどうとらえる考え方をしていたかが重要なポイントになるようです。

また、記事の最後にあるように、20歳以降でもバストを成長させるチャンスはあるようです。


バストはストレスを受けると大きくならない

「バストは、思春期から成人期にかけて女性ホルモンが分泌されることによって大きくなっていきます。つまり、この時期に女性ホルモンが多く分泌されればされるほど、大きなバストになるといえます」(丹羽先生)

鍵を握るのは女性ホルモンとのこと。では、人によってホルモンの分泌量が違ってくるのは、なぜなのだろうか?

「過度な運動やダイエット、また恒常的なストレスは、女性ホルモンの分泌を妨げる要因となります。その結果、バストの成長が止まってしまいます。特に思春期は、人間関係、家庭環境、受験など、ストレスがたまりやすい環境でもあります」(丹羽先生)


「バストのサイズを決める遺伝的要素は、実は約30%程度といわれます。どちらかといえば、ストレスをためずに規則正しい生活を心がけることが重要です。よく眠り、バランスのよい食事をとることが、女性ホルモンの分泌につながります」(丹羽先生)

成人した後では、胸の成長は期待できないのだろうか。

「最近は『育乳』ブームで、補正下着を着けたり、マッサージをしたり、胸を成長させるといわれる大豆製品や乳製品、キャベツなどをせっせと食べたりして、多少大きくなったという人もいらっしゃるようです。また、やせていた人が太って皮下脂肪が多くなると、胸が大きくなることもあります」(丹羽先生)

引用:http://oshiete.goo.ne.jp/watch/entry/00b5eccc9e1b5443ab5b41afc7abd76f/

ここまでの記事を読まれてお分かりのことと思いますが、消極的な考え方や、くよくよする、悩みがちであったり、他人をうらやむなどの心の持ち方であった人はバストの成長が妨げられるようです。むしろ自由闊達におおらかに育った人ほど豊かなバストに恵まれているのでは・・・・。


バストを豊かにしてくれるのは、中でもプエラリアがおすすめです。
バストアップに必要なのは女性ホルモンの分泌をアップさせること、身体の新陳代謝を
高めてあげること。そして、血液循環を良くしてあげることです。プエラリアにはこの3つ
の働きを助ける重要な成分が入っています。

ぜひ、参考までに↓







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
バスト ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。