So-net無料ブログ作成

海外旅行、特にアメリカに行く時には [旅行]

 最近、旅行に関するサイトを作っていますが、私が知らないだけかも知れませんが
TSAロック」付きの旅行カバンを使用しないと不便なようです。

 911テロ事件以降、アメリカでは旅行者のチェックが厳しくなり、全て所持品の
検査が行われます。


 その際、旅行カバンやスーツケースなどは飛行機に持ち込む際施錠できない
決まりがあるようです。

 アメリカ合衆国領土において、飛行機に搭乗する際の手荷物または預け入れ
荷物は、TSA係官が中身を目視検査することになっているため一切施錠しない
様に求められている。施錠された荷物についてはTSA係官が錠機構を破壊する
事を認められており、破壊されても補償は一切無い。


 TSAロック(ティーエスエー(ティエスエイ)ロック)とは、アメリカ国土安全保障省
の運輸保安庁 (Transportation Security Administration) より認定を受けた、
旅具等に備えられた施錠機構の総称である。

 しかし、TSAロック機能が装備された荷物・錠前等は、持ち主が自分の鍵で施錠し
てあってもTSA係官が専用の合鍵を使い、随意に開錠し荷物を検査することが出来、
検査後は元通りに施錠される。その為、米国(グアム、サイパン等も含む)から出航
する航空機へ預け入れ時にも、施錠して渡すことが出来る。

 TSAロック採用製品は、スーツケース、南京錠、スーツケースベルト、ワイヤーロッ
クなどが存在する。抜き取り検査に当たった事を示すインジケータがついている製品
もある。

 以上Wikipediaから引用


 つまり、自分で用意した普通のカギの付いたカバンはカギを掛けてはならない。
もし、掛けてあった場合には係官が強制的に解錠し、その際、カギが壊れたとし
ても保障されない。ということです。


 すなわり、指示に従わないあなたが悪いということになり、これで不審を持たれた
場合、空港で立ち止めを食らわされ、場合によっては不当逮捕や強制送還という
ことになりかねないようです。


 みなさんも注意しましょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。