So-net無料ブログ作成
検索選択

Twitterまとめ投稿 2014/01/30 [Twitter]


サンクスで脂肪蓄積抑制、抗酸化作用のある希少糖を利用したスイーツ発売 [健康・病気]

太りすぎのために糖分を控えている方が多いだろうと思いますが、このサンクスの
新しいスイーツには要注目です。


ローソン希少糖.jpg



食後の血糖値上昇の抑制や脂肪蓄積の抑制、動脈硬化の予防、血圧上昇の
抑制、抗酸化などの作用が報告され、メタボリックシンドローム対策の機能性
素材として期待されているものに「希少糖」があります。


サークルKサンクスが1月28日(火)に発売したデザート「ぷにもちシュー ミルク
「トルテケーキチーズタルト」「生チョコケーキ」には、この希少糖のD-プシコース
やD-アロースなどに希少糖が20%ほど配合されていて太りすぎの心配な方に
朗報かな?と思い、紹介します。
詳しくはサンクスPR用PDFをご覧ください。

ラットを使った実験では、普通の餌を与えたラットの体重が682gになったのに
対して、プシコースを入れた餌を与えたラットは536gと大幅な体重差が出まし
た。また、内臓脂肪も3割削減できたそうです。

人の実験でもプシコースを3ヶ月食べた方が平均1.8kgの減量に成功した結
果もあるそうですので、期待できそうですね。

希少糖を利用したシロップがあるようですので、お砂糖代わりにいかがですか?

レアシュガースウイート(シロップ)








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Twitterまとめ投稿 2014/01/28 [Twitter]


食事制限や運動せずに「体が勝手に痩せて行くダイエット法:が発表される [ダイエット]

ROCKET NEWS24より


(ここから)

お正月に食べ過ぎてしまい「やべー、ちょっと太っちゃったかも……」と思って
いる人に朗報! なんと、ある一つの条件さえ満たしていれば特に何をする
わけでもなく「体が勝手に痩せていく」という、冬限定のダイエット法が発表さ
れたぞ!!

その条件とは……ずばり暖房の温度を下げるか止めるというだけだ。なんでも
体は、“屋外に近い寒さで過ごすと自然と痩せていく” らしい。暖房を下げるこ
とで、地球と財布に優しいだけでなく、さらに痩せちゃうなんて一石三鳥!! 夢
のような話ではないか!

・寒いほうがカロリーは燃える

研究を発表したのは、寒さとメタボリズム(代謝)について10年以上研究を続
けているオランダの研究チームだ。人間は寒い環境で体を発熱させる場合、
寒くない環境よりも最高30%も代謝がよくなるとのこと。つまり、ある程度寒
いほうがカロリーは燃焼しやすいというのだ。
・気温17度で毎日2時間

なんとこの研究チーム、日本でも実験を行っていた。実験の結果によると、
何人かの被験者が毎日2時間だけ気温17度という環境下で過ごしていた
ら、約6週間で体脂肪の低下がみられたという。

・寒さへの耐性

人間は寒い環境に慣れれば、寒さに耐性がつくという結果も発表された。
実験結果によると、人は寒い中に1日6時間いれば、10日間で体の中の
発熱量が増し、寒さへの耐性がつくという。つまりこのダイエットも最初の
10日間を乗り越えれば、そんなに寒い思いもせずに痩せれるということ
なのだろう。

いくらダイエットのためだからといって、真冬をパンツ一丁で過ごすなどと
いった無謀な行為はやめておこう。くれぐれも風邪はひかないようにご注
意いただきたい。

(ここまで)

ここに書かれていることを実行するかどうかは自由ですが、あまりオススメ
しません。最後に書かれているように風邪をひく可能性大です。
出来れば、少し肌寒いくらいがいいかもしれないですが、それでも体の代謝
の低下により免疫力も同時に下がり様々な病気の一因となります。
やはり、運動してエネルギーを消費する方が健康的なようです。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Twitterまとめ投稿 2014/01/25 [Twitter]


アルコールを毎日2杯以上飲み続けると物忘れがひどくなる [健康・病気]

アルコールを毎日2杯以上飲み続けると物忘れがひどくなる」という研究結果が
発表されたようですが、私はこの報告は正しいと思います。


何と言っても、自分で試してそうだったんですから(笑)
もともとアルコールに弱い私は毎日500mlの缶ビールを飲み続けたら強くなれる
んではないかと、毎日飲み続けました。

飲み始め:500ml飲んだだけですぐ横になってしまいました。

1か月後:500ml飲んでもすぐ横にならずに起きていられるようになりました。

3か月後:500ml飲むと気持ちが良くなり、何もする気がなくなってきて
      すぐ寝てしまうようになりました。

4か月後:仕事でどうも以前と比べてポカが多くなりました。

5か月目:生活に対する意欲が減退し、物忘れが多くなってきました。

6か月目:これでは行けないと思い、中止。

と、こんな具合でしたので、アルコールに弱い人が無理に強くなろうとして
飲み続けることは頭がバカになってしまうということがわかりました。
しかし、もともとお酒の強い人はそれほど大きな影響はないようです。


(ここから)

毎日2杯以上の飲酒で老後の物忘れ早まる、研究
2014年01月17日 10:46 発信地:ワシントンD.C./米国

【1月17日 AFP】アルコール飲料を毎日2杯(純アルコール量20グラム)以上
摂取する中年男性は、老後の物忘れの進行が最大で6年早まるとの研究結
果が15日、米国神経学会(American Academy of Neurology)の学会誌
「ニューロロジー(Neurology)」に発表された。

一方、2杯未満のアルコール飲料もしくは全く飲まない人では、記憶や精神
機能の衰えに関して明確な差異は見られなかったという。

この研究では、5000人以上の中年男性を対象に、飲酒の習慣についての
インタビューを10年以上の期間で3回行い、また記憶や認識機能を測定する
テストも10年間で3回受けてもらった。
最初のテストを受けた時点での男性らの平均年齢は56歳だった。

研究によると、多量の飲酒を毎日続ける人の精神機能は、アルコールの摂取量
が少ない人に比べて、1年半から6年間分ほど衰えが早かった。
また毎日36グラム以上アルコールを摂取する人に記憶や脳機能の急激な低下
が見られたという。

研究では2000人ほどの女性も被験者として参加していた。
しかし大量のアルコールを摂取する習慣を持つ人がおらず、ほどほどにしかア
ルコール飲料を飲まない人、もしくは全く飲まない人とで比較することができな
かったという。(c)AFP

(ここまで)

どうも、アルコールを代謝する過程で出来るホルムアルデヒドが脳細胞を攻撃
する結果、脳細胞が死んでいくのではないかと思います。つまり、アルコール
に弱い人は代謝が遅いのでホルムアルデヒドが多く残りやすく、アルコールの
強い人は代謝が早いので脳に影響が残りにくいということでしょう。

まあ、友人や会社の同僚と飲むときでもほろ酔い加減が一番良いようです。


二日酔いが怖くない!新素材の白い秋ウコン!




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Twitterまとめ投稿 2014/01/23 [Twitter]


腸内の乳酸菌が減って悪玉菌が増えるとぜんぞくの症状が重くなることがわかった [健康・病気]

筑波大学の渋谷彰教授らは1月15日、腸内の悪玉菌と呼ばれる菌がぜんそく
を悪化させる仕組みをマウスを使った実験で解明したと発表した。

この実験では、抗生物質を含んだ水を2週間与えた後で、アレルギーになる
物質をあたえたところ、アレルギー症状がさらに悪化したという。
そして、腸内を調べたところ、乳酸菌などの善玉菌が大きく減り、代わりに
カンジダという真菌などの悪玉菌が増えていたことを突き止めた。
これは悪玉菌が増えると肺の中でアレルギーを引き起こす細胞が増えて、
炎症を悪化させ、アレルギー反応が強くなったもののゆです。
このようなことから、腸内細菌のバランスが崩れると、腸炎、アトピー糖尿病
などの様々な病気を引き起こすことになる。

http://www.nikkei.com/article/DGXNZO65372020W4A110C1CR8000/
(理解しやすいように記事に手を加えてあります)






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

ためしてガッテン「大腸がん最新スクープ」 [健康・病気]

日本人の大腸がんがかなり増えてきましたが、女性と男性で大腸がんが
多いのはどちらかわかりますか?

正解は男性は3位なのに、女性は乳がんを上回り堂々の1位です。
どうして、女性の方が男性より多いのでしょうか?
あなたはなぜだと思いますか?


その前に、もうひとつ質問を・・。
大腸ポリープには悪性と良性のものがあり、良性でも10%が将来悪性に
変化する可能性があると言われています。

では、40歳以上で良性ポリープが見つかる人は何%いると思いますか?
まあ、数%でしょうと思う方も居るかもしれませんが、正解は50%です。
これは新島で国立がんセンターが島の住民全員を2年間検診してわかった
結果でした。これまではわからなかったんですね。


また、最近の知見として新しいタイプの大腸がんが出てきているという。
大腸の粘膜から便の通過をスムーズにするための粘液が出されています。
その量は一日3Lにもなるそうです。
この粘液を出す細胞を杯細胞と呼ばれているが、これがガンになると見つけ
にくいらしいです。これが最近見つかった新しいタイプのガンです。


大腸がんは進行が遅いので早く見つければ治る確率が高いガンです。

さて、最初の質問でなぜ女性が男性に比べて大腸がんが多いのか?
の回答ですが・・・。
これは女性が男性より便秘になりやすく、便が大腸壁とこすれる時間が
長いからだと言われています。
どうですか?便秘はあなどれません。
このブログでも便秘解消法をかなり紹介してきましたが、便秘解消法を
真剣に考えてみないといけませんね。
便秘解消法についてはこちらから

大腸がんの早期発見に役立つ検査キットを利用する方法もあります。












nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Twitterまとめ投稿 2014/01/22 [Twitter]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。