So-net無料ブログ作成
検索選択

真皮を健康に保つことがハリと弾力をもたせることにつながる [美容シリーズ]

キレイな肌を維持するためには肌のターンオーバーを正常に保つことが
重要であることを前回書きましたが、今回は肌のハリと弾力についてです。

kakusitukouzou.jpg

肌の弾力を決めているのは皮膚の下にある真皮という部分です。

sinpi.jpg

上の図で示している部分が真皮で、その下が皮下組織です。真皮の上の白い
皮の部分が角質層になります。

角質層は2週間くらいで入れ替わりますが、真皮層は数年から数十年かけて
入れ替わります。そのため、変化が少ないので気付きにくく、しわがすぐに
増えたりしないのも時間がかかっているからです。
そのため、数年から数十年にわたる普段のお手入れがいかに重要かという
ことがおわかりいただけると思います。

この真皮層には肌の弾力を支えるコラーゲン、エラスチンなどがあります。
コラーゲンはビルの鉄骨のように形を作り、エラスチンがしなやかさを与えます。
そして、その間にあるヒアルロン酸が水を含んで弾力性を保っています。

そして、重要なのはコラーゲンとエラスチンの間に存在する神経芽細胞という
部分です。この神経芽細胞がコラーゲンやエラスチンを作り出す元になっていて
この機能が衰えてシワが出来ます。
特に、真皮の水分保持力が低下すると、弾力性が早く失われるのでシワに
なりやすく、もろく変形していきます。また、紫外線の作用も悪化させる原因
となるので、出来るだけ紫外線をブロックする必要があります。

ただ、紫外線が嫌いと言って、身体の腕や足までブロックしてしまうと体内の
ビタミンDが不足して骨がもろくなってしまうので、顔をや首回りを重点的に
ブロックする方が良いでしょう。

ビタミンDは紫外線が当たることで産生されます。そのため、あまりブロック
し過ぎると、年老いてから骨粗鬆症になりやすくなると言うことです。


次回は肌の血液循環とホルモン代謝です。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。