So-net無料ブログ作成
検索選択

美白成分は何を選べばいいのか?(No1) [美白・ホワイトニング]

毎日紫外線を浴び続けると、どうなるか?」という記事にも書きましたが、
かなりの影響を受けます。


この原因は紫外線が肌に浸透したときにできるフリーラジカル(活性酸素)が大きな
原因で、この活性酸素がコラーゲンヒアルロン酸、エラスチンなど細胞を形作る
主要なものを破壊してしまうからです。


もちろん、細胞の数は多く、再生する細胞も多いのですぐには影響が出ません。
でも、多年にわたり紫外線の防御を怠っていると、加齢とともに肌のターンオーバー
も延長し、再生力も落ちてくるので、影響が顕著に出るようになります。


以前、流行したガンクロというファッションに近い日焼け(小麦色が美しい)で若い
日々を過ごされた方の多くは、今、体中顔から手足に至るまで、シミ、シミと言える
ほどの紫外線ジミで悩まされていると思います。


それだけ、紫外線の力は大きく、肌老化の80%を占めています。残り20%は体の
内部で起きる老化が原因です。


特に、紫外線はUVA(長波)、UVB(短波)に分かれていて、UVAは曇り空でも
出ているので、日焼け止めおせずにいると部屋の中にいても日焼けします。
おまけに、ダメージ力は弱いけどシワシワと奥の方へ浸透し、コラーゲンの老化や
ガンなどを引き起こします。
ちないみに、日焼けサロンではこのUVAを光源として用いているところが多いです。


ファンデーションでUVカットすることも重要ですが、まず、必要なのは、紫外線を浴
びた時に産生される活性酸素を除去できる成分が配合された化粧品を選ぶことです。
代表的なものとしてビタミンCがあります。

ビタミンCはありふれていると思いますが、実は一番優れた効力を持っていて、しか
も体にとって一番安全な成分です。なぜなら、大量に吸収しても害はなく、そのほ
とんどが24時間以内に分解されて尿に排泄されるからです。
そのため、体からすぐ無くなるので毎日肌に塗る必要があります。


選ぶときは、肌に浸透しやすい誘導型ビタミンCかピュアビタミンCでも肌への浸透力
を高めたビーグレンのCセラムのようなものがオススメです。



ビーグレンCセラム


もう一つはアスタキサンチンです。
「海のカロテノイド」といわれ、鮭やイクラなどに含まれる赤色の天然色素です。
強い抗酸化力があるといわれるビタミンEの約1,000倍のパワーを持ち、紫外線やスト
レスに強い抵抗性を持ちます。

これを採用した化粧品として有名なのは富士フィルムのアスタリフトがありますね。
こちらもナノフォーカスという技術で肌への浸透力を高めているので効果が十分
期待できます。


このように、肌に浸透してきた紫外線の影響で出来た活性酸素を減らすと、シミが
できにくい環境になります。ここが最初の防波堤であり、ここで食い止めると後が
だいぶ楽になりますよね。


続く




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。